2011年 01月 31日

若者たち

っていうテレビ番組が昔ありましたね。アー、懐かしい。
といってわかる人はきっと同世代です。彫刻家の佐藤忠良氏のお嬢さんの佐藤オリエさんとか出てました。

a0194402_2142789.jpg




その番組のことではなくて、今勤務しているところの若い人や、近所の若い犬友達と時々食事をします。その中に息子やその仲間が入っているときも、、。


なかなか気の合う人っていないものですけど、それなりに共通の話題があり、それは「犬」だったり、「イタリア旅行」だったり、「料理」だったり、他の時もありますけどとても楽しい。



私は料理をすることが割に好きで、どこかで美味しい食事をした時、つい、このお料理は自分で作れるかどうか、ということを必ずチェックしてしまいます。

だから女はダメだ。と言われそうですけど、、、。

で、出来そうだとなると必ず再現します。
もしくはアレンジして2、3日中には食卓に出ます。

一人ではつまらないので、観客を集めるという訳です。

でも、思いついて急に作るので、突然電話をするのもどうかとためらっているうちに、時間が経ってしまい、一人寂しく食べた日も、、、。

多分、料理も創作の一つなので、美しいものが出来上がると自分なりにとても嬉しいし、それが美味しいとなると、もう人に見せたくて仕方ない。


私が料理に興味を持ったのは、うんと昔にさかのぼって、たまたま、若い時お世話になった陶芸家のところで、懐石料理と出会ったことがきっかけです。

堅苦しいものではなく、また一期一会などというほどの緊張感もありませんでしたが、(そのときは多分わからなかったのだと思う)その陶芸家はそこの畑で作った野菜や、朝獲れたての魚を料理して、食事を美味しく頂く、ということをしていました。


その後、茶道を習い、本格的茶懐石を知りました。それは高級なお店で頂くことではなく、お茶を美味しく頂く為に、亭主自らが作ってお客様に振る舞うことで、そこに一期一会の心意気(変な言い方ですが、私にはこの言い方が合っている気がします)があるのです。

お茶の世界って、総合芸術なんですよね。
習ってみて初めて、お茶をするということは、大人の一番贅沢な遊びだということがよくわかりました。
それを知って、何事にもとらわれず、私なりにアレンジして、私自身の楽しみ方をしたい、と思い始めたのです。


a0194402_21454737.jpg
a0194402_2145051.jpgもし絵で食べて行けなくなったら、この下町の路地裏で飲み屋でもやるか、と思ったこともありましたが、唯一の欠点は気の向いたときしか料理しないんですよね。

絶対ダメですね、これじゃ。













                      だめだね。

                    

それよりも何よりも、私くらいの年齢になると、なかなか若い世代の人たちと語らう、なんてことがほとんどない、といってもいいので、一緒にお食事につきあってくれるということに何時も感謝している次第です。みんな、ありがとう。

[PR]

by fran0923 | 2011-01-31 00:39 | 生活


<< それなりの人たちと      朝の散歩 >>