2011年 06月 16日

落ち葉

a0194402_2134969.jpg

先日山の家に行ったのですが、毎年必ず立ち寄る家があります。

地元の建築関係の仕事をしているご夫婦のお宅ですが、当然農家でもあります。
夏には、無農薬のナスやトマトを分けてくれます。

もちろん近くに道の駅も出来て、大きな地元の農産物の販売所もあります。
でも採れたてにはかないません。

a0194402_21492334.jpg


もう20年くらい前になるでしょうか。
山の中に小さな家を建てたのですが、電気が無く、ランプでしばらく生活しました。

近所にお店なんて一件も無く、小さな診療所と、前もって言っておけば、解凍しておいてくれるお肉屋さんがあったきりでした。

野菜はみな自分の家で作っているので、お店がありませんでした。

東京から持って行くか、遠くまで買いに行かなければ何も無いところで、その人たちがいつもお野菜を分けてくれました。

a0194402_21385714.jpg


昨年の秋頃でしたか、珍しく東京に電話があり、山の家にたまっている落ち葉をもらいたいと言われます。

毎年、落ち葉の量がハンパじゃなく、春先に行くと、その掃除が大変で、大変で。
渡りに船です。二つ返事でOKしました。

一体その落ち葉をどうするのか、と思っていましたら、「うち、今度その落ち葉で腐葉土作って舞茸を栽培するずら。この間お宅の前通ったら、すごい落ち葉で、それを採っている人がいたけど、知ってる?」

いやいや、知る訳ありません。

先日行ったら、落ち葉はほとんどきれいに無くなっていました。
a0194402_21591220.jpg



今年の秋は「舞茸」がもらえるかも、、、。
a0194402_21374033.jpg


先日は偶然道で会いましたら、無理矢理家に連れて行かれ、落ち葉のお礼だと言って、お米と蕗の煮たのを持たされました。

[PR]

by fran0923 | 2011-06-16 22:00 | 生活


<< 色々と思う日      楽しい傘立ての向こう側 >>