2011年 09月 16日

農作業

a0194402_1312522.jpg


このカテゴリに「趣味」というのを作っておけば良かった、と思うくらい農作業(園芸と言い換えてもやぶさかではありませんが、まあ土いじりですか?)が好きです。

これは多分母譲りだと思うのですが、時を忘れてやりますね。

仕事ではなく趣味とした所がちょうど良い分量なのであって、
気分が良い時だけ農作業をやる、とか気分が悪い時にやると気分が良くなるとか、まあ精神的に不安定な場合、とても効果的な作業なのだと思います。

私が住んでいる所は、東京のど真ん中で、しかもアスファルト地獄というようところなのですが、先年近隣の家の立て替えで親族に戻って来たわずかな土地があります。

それは単なる通路でしかないし、持ち主は夫の兄です。
この夏、四国から帰って来ると、草ぼうぼうになっています。アスファルトではないのですよ!!
何時になったら草刈りをするんだい!義兄よ!と思うのですが、会えません。

フランはそこを走りたがりますが、草の下に一体何があるのか、ノミ、ダニがいやしないか、とか心配でなりません。

第一、その通路の両隣のマンションには小さなお子さんもいます。
そこから湧いた蚊に刺されてたらどうしよう。なんてことまでは思いませんが、まあとにかくさっぱりさせてやろうじゃないかと、おせっかいにも草取りをしました。

まあダンゴムシとアリンコと小さなムカデみたいな虫がウジャウジャいましたが、(時々なめくじ)
無視してまるで人間草取り機となって、ザクザクやっちゃいました。

1時間の予定が1、5時間もかかってしまいましたが、さっぱりしました。
これで、フランも大手を振って通れます。
a0194402_13393428.jpg
草取り後の写真です。とにかく地面が見えませんでしたから。a0194402_13393820.jpg


その草取りをしながら、考えました。
義兄は喜ぶだろうが、残念ながら、この労力を想像することは出来ない人間だし、余計なことだと言われれば確かにそれまでだし、一体どうしてこんな疲れることやっているのかしら?と。

つまり、好きなんですね。

誰の為でもなく、自分の趣味の為にやっている、と。

すごい汗で、まず1リットルは出たと思います。(痩せたかな〜!)


実は毎朝行く公園でも、ちびちびと雑草を抜いています。
そこは、とてもたくさんの犬が出入りするので、雑草があると、そこにオシッコやうんPしていてもわからないからです.
よく見えるようにね。
a0194402_1313019.jpg
a0194402_13213932.jpg



で、ひょうたんですが、一つだけ雌花を発見しました。あー!写真がすべてピンぼけです〜。涙
あえて載せますが、ぽこぽこした枝豆みたいのがそう。
あ、でも花粉付けて来なかった〜。
雄花は夜咲くのです。
きれいです。これを持って行かなきゃいけなかったのです。

[PR]

by fran0923 | 2011-09-16 13:43 | 生活


<< お彼岸      鴨のおもちゃ >>