2012年 06月 24日

しまった!!

a0194402_21471481.jpg
a0194402_21471728.jpg



実は毎日朝夕同じコースを散歩しています。

何度も書きますが、朝は朝陽の昇る方向へ。
夕方は夕陽が沈む方向へ。

今日も同様に、朝は朝陽の昇る方にある、公園へ行きました。
が、寝坊しちゃったので、だ〜れもいません。
そんな事関係なく犬はきっとともだちが来る、と信じていて、匂い嗅ぎをしつこくしながら、心ここにあらずと待っています。

つまり、ボール投げに身が入りません。

そうこうするうちに来たのは、ジャックラッセルテリアの男の仔。初めて会う仔で、すっかり名前を忘れましたが、とても良くしつけが入っていて(訓練したそうです。)お見事でした。
a0194402_21472145.jpg


うちも遅ればせながら、帰ったらやろう!(何か、訓練的なこと?)と思ったのですが、、、、。

中略。

そのままダラダラと夕方の散歩の時間となり、夕陽の沈む方角へと出発したのでした。

いつもの信号のある大きな通りを渡り、すぐ路地を入ると、数年前に建て替えた、もと病院だった家があります。

建て替える前に、そこの住人(女性)が庭の木や古いものを一生懸命整理したり、壊したりして片付けていましたが、今日も庭で何かしている姿が見えました。

どうも先日の台風で折れてぶら下がっている椿の枝を必死で取り除こうとしています。

思わず、「大変ですね〜。」と声をかけてしまいました。
勘のよろしい皆様には、もうお分かりでしょう。

そこからが本当に大変でした。
延々小1時間その女性の話を聞かされるはめになりました。

あ〜。内容はつまらない内容です。その家の自慢話です。

さっさと立ち去りたいのに、息も切らさず、永遠にしゃべる続けるのかしら?と思うほどに一人でしゃべる人でした。

徐々に遠ざかる私と犬に気がつき、ようやく話が途切れました。助かりました。
いや〜、このままここで犬と一緒に野たれ死ぬのかと思いました。

明日から道を変えようと思います。

受難の一日でした。馬鹿な私です。

[PR]

by fran0923 | 2012-06-24 22:12 | 生活


<< キュウリを食らう犬      夏仕様 >>