2013年 02月 15日

いわゆる天ぷら

a0194402_1343305.jpg

畑で採れた白菜と鮭の粕汁風



毎日早朝から、お向かいの家の取り壊しの騒音がすごいです。涙

さて、先日知人から高知の天ぷらを頂きました。

天ぷらって、東京では天ぷらやさんの天ぷらを思い浮かべる方の方が多いのではないでしょうか?

それに、よくおでんに入っていますよね。

四国では獲れたての小魚をすりつぶしたもの、そのままか、ほんのわずかの小麦粉のようなつなぎを入れて成形し、油で揚げたものを言います。

私はおでん種とは全然違うものと認識しています。

つまり、内容が新鮮でちゃんとしている、氏素性がはっきりしているとでも言いましょうか、

九州ではさつま揚げでしょうか。

ジャコ天とも言いますね。そういえば。

で、先日宇和島で食卓に出た、ジャコ天。

a0194402_13524340.jpg


これは美味しかった!  まるで獲れたての
魚そのもの、って味でした。

横にあるのが、「いずみや」という料理名で、寿司味のおからにイカナゴの刺身が乗っています。

イワシの場合もあるそうで、上に乗る魚の大きさに合わせて、にぎり寿司のように握っていたり、この場合は小さいので、手まり寿司風に握ってあります。

子供の頃に食べたのかも知れませんが、初めてでした。

ご飯の代わりにおからでした。

こういうものを「いずみや」というそうです。

で、ジャコ天の切り口が青いのですが、魚により、色が違うそうです。

その日に獲れた小魚で作るのです。

高知のものも、似た味です。
a0194402_13421769.jpg


昔はもっとわらじの様で、ぼそぼそしながらも、お酒のつまみに最高!!の味でした。

今回はちょい高級っぽい感じですね。
a0194402_1342212.jpg


ちょっと炙ってショウガ醤油で頂きます。

[PR]

by fran0923 | 2013-02-15 14:00 | 生活


<< 甘平      梅の花 >>