好きなものに囲まれて。

ttyfran.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 29日

山荘の蜂

a0194402_18404472.jpg



実は今山荘に来ています。

ざっとお風呂に入って、ワインで一杯やっているところです。ってはり倒されそうですが、、、。爆

しかも究極のキャベツなめこ、舞茸炒めです!
なめこは入れない方が良かった。舞茸うまいです!
a0194402_18411382.jpg
a0194402_18412634.jpg



ビオワイン、キャンティクラシコ2008 でやっています。




7月も8月も一度も来なかった事ってなかったので、とにかくあれ以来 蜂の巣がどうなったのか心配で心配で眠れないほどでした。(本当よ!)

制作もなんだか煮つまっているので、ここらで気分転換にと、朝突然思い立ち、来てしまいました。
まあ2時間半あれば、着く場所なので近くてありがたいです。

さて、来て見ると予想外に静かでして、なんだか肩すかしです。

蜂の巣があると、もう車を降りたとたんにブンブン見張りの蜂が旋回するという、慣れない人には恐ろしい状況が待っているのです。

一応家の周りをくまなく探検したところ、どうも一カ所怪しい場所があります。

なんと、ベランダの屋根の内側に巣作っているようです。
a0194402_18405214.jpg


なんとかカメラに写真を納め、下の村のおじさんのところに挨拶に行く事にしました。

5月に来て以来ですので、その後の様子をお話しして相談しないといけません。

なにしろ、役場には内緒で!という人ですから。

ついでに今夜の夕食の買い物もしないと!です。

行くと、息子さんが出て来られました。
この息子さんは、とても優秀で、国立大学を出た後、地方自治体に就職、そこから派遣されて米国に2年研修に行ったというほどの人物です。

今ではきっとかなりな役職についているに違いありません。(って関係ないけど)
少しオタオタしながら、事情を説明し、いつものお母さんかお父さん(おじさんね)に取り次ぎをお願いしました。

なんと、おじさんは体調が悪く、今日は大きな病院で内蔵の検査をされたとかで、今休んでおられるというお話です。

それは大変です。おじさんはいつまでも元気でいてくれないと困ります。

蜂の話をしましたら、(実はもう私はこの場所に20年以上も行き来しているので、その息子さんが小さい時から知っている、と言っても過言ではない。が、)彼が若い頃とは違って、とても温和な態度で、私の話を聞いてくれ、その上、蜂退治をしてくれるというのです。

ありがたや、ありがたや!勿論二つ返事でお願いしましたとも!!

先にコテージに帰って、脚立を準備して待つ事10分。ミツバチ用の帽子にネットを持って現れました。(最近は舞茸だけではなくミツバチも飼っているらしい)

何しろ、板と板の隙間ですから、脚立に登り、充填剤をチュルチュルッと押し出して終わり!でした。
a0194402_18405640.jpg


いとも簡単に終わってしまいましたが、この土地の子供達はちっとも恐くないそうです。

どちらかっていうと、こういうの好き!なんだそうです。

いわゆる、スズメバチのドーム型の巣だとさらに大歓迎だったみたい!!



あ〜〜!ひどく簡単に終わってしまいました。

その後働き蜂はちょくちょく帰っては来るのですが、巣に入れないので、うろうろしては何処かに消えて行きます。

5月に来た時、蜂はいろいろと探していましたが、もうこれで、我が家は諦めて欲しいものです。

蜂は9月の終わり頃から10月の半ばにかけて大繁殖し、女王蜂が分蜂して冬越しするそうです。

だから、10月の茸の頃に蜂がブンブン言ってたんだ!って納得しました。

a0194402_18403930.jpg


犬は、大ッ嫌いな車に乗せられたので、疲れ果てて寝ています。笑


ついでに、、、、、外の湯沸かし器の上に鳥の巣がありました。
勿論もう空き家でしたけどね。笑
a0194402_1841521.jpg
a0194402_18414952.jpg







[PR]

by fran0923 | 2013-08-29 18:49 | 生活


<< 修理      緊張感 >>