2013年 11月 29日

落ち葉と掃除

a0194402_1946926.jpg




先日の嵐以来、どこもかしこも落ち葉だらけです。
それでも各家の前はそこの人がお掃除をするのできれいになっています。

犬が行く公園は週に2回くらい掃除をしに来ます。
お掃除のおじさんは自転車に掃除道具を括りつけて、区の公園をずっと回って来るのですが、丁寧にするので、来る時間がどんどん遅くなっています。

この掃除の仕方がそれぞれクセがあって面白いのです。

犬が遊ぶ公園は本当にきれいにやってくれるので、感謝しています。

その公園には子供の為の砂場もあります。
今来ている人は砂とゴミが混ざっているのをちゃんとふるってゴミだけを選別して行くのです。

夏は雑草も引き抜いて行ってくれます。

それに比べると、隣接している霊園の方はなかなか掃除にまで手が回らないらしく、そのまま落ち葉に埋もれているので、実は歩くとちょっと嬉しい感じもします。

カサカサ、ザクザクと音がして、、、。笑

実は葉っぱが落ちる前、霊園中の雑草を刈った日があったのですが、これが例年と違って徹底的に刈ってありました。多分草刈り機を使っていると思うのですが、今までは適当な感じ、つまり、墓石の際までは刈ってなかったのです。
面倒ですよね。考えたら。石ですからギリギリにうまくやらないと歯がダメになってしまうとか、、。

今回はぴちっときれいに刈ってあるので、とてもスッキリしています。
多分担当の人が変わったのだな!と思いました。
これって、そのひとの性格だと思うのですよね。

どうでもいいことを書いてしまいました。




そういえば、落ち葉で思いだしました。
子供の頃のこと。

もう思い出話はよそうと思ったのですが、子供の頃のおかしな話ですからいいでしょう。

小学一年生の夏休み(多分、もしかしたら冬休みだったかも、、、でも冬休みは普通宿題は出さないからやはり、夏休みだと思う)に宿題が出たのですが、その頃の私は相当幼かったようで、(なにしろ3月生まれですから)宿題をすっかり忘れたまま、遊びほうけ、夏が過ぎ2学期が始まりました。

宿題は、たぶん、植物採集だったのだと思います。採集したらそれを新聞紙に挟んで、押花にしなくちゃいけなかったのですが、していません。とにかく忘れていたのですから、、、。

で、2学期の初日の朝、学校へ行く用意をしていたら、宿題があったことがようやく初めて解ったのです。
それでどうしたかというと、裏山に登って落ち葉を拾い、大急ぎで画用紙に無理矢理糊で貼付けて、提出しました。だれかに手伝ってもらったような気もします。

先生は何も言いませんでしたが、とにかく、デコボコしてる訳ですからね、一目で分かったでしょうね。

3月の終業式の日にそういう提出物を返してもらったのですが、見事に葉っぱは一枚も残っていませんでした。

その白い画用紙になんとなく貼付けてあっただろう糊の跡とか、細い紙を見てようやくこれがあの植物採集の宿題だったことを思いだしたのでした。

他のことはきれいサッパリ忘れているのですが、このことはさすが今でも思いだします。

a0194402_1946615.jpg



[PR]

by fran0923 | 2013-11-29 20:09 | その他


<< 水漏れ勃発      痛い時 >>