好きなものに囲まれて。

ttyfran.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 27日

ガンダム

a0194402_22115095.jpg





制作が終わったので一昨年からやろうやろうと思って買ってあったIKEAの引き出しを組み立てました。
うちの仕事机は引き出し2個を足にして、その上に白い天板を置いた簡単なものなのですが、最近その引き出しが壊れてしまって、ついに引き出しが引き出せなくなってしまいました。


で、IKEAの3つのうち1つは既に組み立て済みだったので、スイスイと組み立ててようやく最後の引き出しの金具を付けようと、探せども探せども、ネジが2本足りません。
それがないと、引き出しが動かないのよ〜。
a0194402_2241157.jpg

a0194402_2244639.jpg


あれって、専用のネジなので、他のでは代用出来ないのです。
仕方ないので、ネットで調べてみると、IKEAってこういう不備が多いらしく、IKEAのお店に領収書とネジ番号を持って行くとそういう部品棚があり、そこから勝手に持って帰れると書いてあります。

が、そこで問題が、、、。
IKEAで直接買った人はそれが出来ますが、私は通販で買っているので、直に行けません。

2年前に買った領収書を探し出すのがもうね、大変でした。

でも執念で探し出しました。大阪の会社でした。

電話しましたよ!ネジが2本足りないっ!て。先方は平謝りでしたが、IKEAが悪いので、あなたのところが悪い訳ではないのですが、ネジが欲しい、と言いました。

ネジ番号を言ったら、今日郵便で届きました。
引き出し完成しました。良かったです。



さて、そんな毎日ですが、昨日は暖かかったので、2つ展覧会を観てきました。

初日に行けなかったので、どちらも作家には会えませんでした。
赤坂見附のホテルニューオータニ美術館で「野見山暁次展」と同じホテル内のギャラリーで「隠崎(かくれざき)隆一の茶碗展」
a0194402_2217165.jpg


そして、隠崎隆一氏は、備前焼きの作家ですが、前にも紹介したことのある「菊池寛実記念 智美術館」というところで、このほぼ20年間の作陶作品を展示しています。

a0194402_2241976.jpg


a0194402_2251874.jpg
a0194402_2252495.jpg



彼の作風を観て私は昔から密かにガンダムと呼んでいます。

とても造形的です。なんと表現して良いか悩ましいのですが、とにかくガンダムなんです。
機動戦士ガンダムの本読んでみて下さい。
ちょっと泣きますよ。

あ、話がそれました。彼の初期の頃の固いだけの作品とは違って、ほんの少し繊細なエレガントな部分が見えたような気がしました。

お金があったら、女性がドレスを着ているような香炉が欲しかったです。

こちらはホテルオークラの隣にあります。

どちらも素敵な場所にありますね〜!
もう一人の作家、野見山暁次氏はもう1920年生まれですから、93歳です。
素敵なおじいちゃんですよ。
精力的な仕事をされていて、東京メトロ明治神宮前ほかにステンドグラスの壁画があります。
a0194402_225314.jpg
a0194402_2252728.jpg




20年ほど前に偶然イギリスとインドの混血の素敵な女性(当時60歳くらいだったと思う)が日本の陶芸家の窯元を見学したいと来日したことがありました。
そして、ご縁があって私が少しお世話をすることになりました。
彼女は野見山という絵描きを知っているか?と聞きました。

勿論よく知っていましたので、そう伝えましたら、なんと彼女は若い頃パリで絵の勉強をしていた時野見山氏の絵のモデルをしていた、と。

二人はパリで別れてから40年ぶりに日本で会ったのですよ。

世の中狭いですね。本当に。
偶然ってあるのですね。
後日談があるのですが、長くなるのでまた今度。

[PR]

by fran0923 | 2014-01-27 22:42 | 展覧会


<< つぎはぎ      武士の献立 >>