カテゴリ:その他( 13 )


2013年 11月 13日

生活の仕方

a0194402_12391922.jpg

我家のバラ

勤めを辞めて2年半経ちます。

少しづつ、前の生活から、もう一つ前の作家生活が板について来ました。

でも、歳を取ったせいでしょうか、前のように人と比べて焦る気持ちや、何かが欲しい、という欲が無くなったような気がします。

私は私。出来るようにしか出来ない、と思えるようになったのです。

それは勤めてみて初めて解ったことなのかも知れません。

お金ではなく、健康と自由のありがたさ。そして身の丈に合った生活。

実は私は経済観念が希薄で、無駄の多い生活をして来ました。

今まではそれでもなんとかなっていましたが、これからはそうも行きません。

今まで通りやっていたら、すぐに破産してしまうでしょう。

ということで、週にいくら、と決めてやってみることにしようとずいぶん前に決めたのでした。

が、ほぼ守られていませんけど、、、。涙

ですが、そう思うことで、やはり浪費に歯止めがかかることは確かです。

第一に山ほどあるけど、今ひとつも着るものがないと思っていた洋服を買わなくなりました。

洋服だって、バッグだって一つも壊れていませんし、、、。

食品もあるものをなんとかしよう、と思うようになりました。

朝の連ドラのように、始末をして暮らすこと、を実は結構楽しんでいます。

若い頃はこうだったんだよね〜!

たまに友人との食事や絵具代はケチれないので、残念ながら+−ゼロですかね〜。
いや、マイナスかもね。

やはり、定年で退職した方たちも、最初は今までの習慣でお金の使い方が荒いけど、少し経つと変るそうです。





さてと、午前中に絵具屋さんに行って来ました。
a0194402_12391744.jpg

膠も買いましたよ。

2年ぶりだったかも、、、。


a0194402_12394447.jpg


チューリップの芽が出て来ました。やっぱり早すぎかしら?


a0194402_12391075.jpg


眠いのに、、、。




[PR]

by fran0923 | 2013-11-13 12:56 | その他
2013年 11月 03日

思うこと

a0194402_174029100.jpg



昨日、船橋の彫刻家のお宅を訪ねました。

その人はブロンズ作家で、長くグループ展をやった仲間です。

亡くなったのですが、もうそろそろ3年目になります。

実は高校、大学の先輩に当たる人でもあります。



遠いところでした。

なにしろ、最寄り駅からバスが1時間に2本しかありません。

途中で雨は降り出し、さんざんでした。

行くと、アトリエを改装した展示室があり、そこには作品と、制作の為の道具類が展示してありました。

裏庭でパーティが催されていて、5〜6人既に出来上がっているではありませんか。

私もお酒を勧められましたが、ここで飲んだら帰れなくなると思い固辞しました。


a0194402_1741245.jpg


実は四十九日の時、その奥様から今後どうすればいいのか、何をすればいいのか、と問われたことがありました。

私はそういうことについては、年下だけど先輩でもあります。

なにしろ、もう夫が亡くなって29年目ですから。

普通の方でしたら遠慮したのですが、何か参考になるかと思い、私の場合をお話ししました。

それは、まず何とかして、遺作集の形で作品を残すのがいいのでは?ということでした。

実は私は夫の全作品を収録した作品集を作ったのですが、7年もかかりました。

自費出版ではなく、大手の出版社が編集してですよ!

作品が全国にあるので、それを探し出すのがとてもじゃなく難しかったです。

それでも何年もかけて所在を探し出し、撮影し収録することが出来たのはとても運がよかったと思っています。

彫刻作品は数多く出来るものではないので、平面作品に比べると数は少なく探すのはそれほど難しいことではないのですが、でも大変なことです。

しかも、自分で手がけるのは並大抵のことでは出来ません。

そんなに急がなくともゆっくり納得のいくものが出来ればいいのでは?と思っていました。

そしたら、奥様は頑張って1周忌にはそれを作ってしまったのですよ。

そして、アトリエを記念室のような形にしたので、見に来て欲しいというお知らせが来ました。

今まで一度も行ったことがなく、もしかしたらこれが最後かも、、、と思い、出かけた次第です。
a0194402_1801687.jpg






奥様は趣味で陶芸をやっていて、アトリエの反対側に陶芸の作業部屋がありました。

陶芸の話をするときは、実に楽しそうでした。

きっとこれで良いのでしょうね。

奥様の本当の心のうちを読むことは出来ませんでしたが、2年で夫のすべてを整理し、自分のこれか

らの生活を楽しく過ごす。って理想でしょうけど、私には出来ませんでしたね。

a0194402_1741521.jpg

かわいい!!







[PR]

by fran0923 | 2013-11-03 18:03 | その他
2013年 10月 06日

年一度の会

a0194402_116723.jpg



子供時代に過ごしたところって、歳を取るごとに懐かしさが増します。

その地を離れて生活をしていると特に想いが強いものですよね。

ということで、毎年11月になると、東京在住の四阪島(私の生まれ故郷)に縁のある人が集まって昔話をしています。

最初は私を含め3人でした。
それがだんだん増えて今では20人余りになり、とても和やかに、楽しく懐かしい時間を過ごしています。
ところが、そういう本来の目的を離れて違う意味でそこに来る人がいるのです。
そこで、今後の集まりをどうして行けばいいのか、という相談をしました。

もう一人の発起人である、小学校の1年先輩のKさんです。

その会では必ずお会いするのですが、なかなかゆっくり話す時間がありません。
昨夜は、京都で頂いた食事の再現(勿論アレンジ沢山)しがてら、我が家でお食事。です。
お料理は、味を忘れないうちに作らないとね。




結論はなかなか出ませんでしたが、とりあえず少し改善してみよう、ということになりました。
遠いスエーデンからもこの会を楽しみに帰国する方がいますし、集いをやめる事は寂しい事ですので出来ません。

さあ、うまくいくといいのですけど、、、。


という事で、昨夜の京風秋の膳です。(って途中から写真とるの忘れています。)

a0194402_10432666.jpg

いつもの鯛のこぶ締め、ほたての付け焼き スダチ添え。

a0194402_10433570.jpg

これこれ!柿釜?和え物 大根、茗荷、柿、鯛の皮湯引き千切り、下味付きしめじ、枝豆。

a0194402_10434449.jpg

碗もの  菊花入りがんも、里芋、鶏ひき肉団子、小松菜、松茸


この間に、焼き魚、松茸御飯、鯛の潮汁、カブの漬け物(写真なし)

a0194402_118406.jpg

デザート  Kさんお持たせの栗の茶巾絞り

柿が大盛りのを買ったので、小さかった。
なので、沢山入りませんでした。涙





そして、このお嬢さん。
a0194402_10431722.jpg



[PR]

by fran0923 | 2013-10-06 11:11 | その他