「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:旅( 14 )


2014年 11月 18日

久住最終回

a0194402_921542.jpg



さて、朝起きて外を見るとちょうど朝陽が出るところでした。

今治で見ている市民の森の日の出とは全然違います。
a0194402_9215986.jpg

    左が阿蘇の根子岳、涅槃像とも。お釈迦様の横顔に見えませんか?右が高岳。胸の部分。


やはり久住連山にも朝陽が当たっていてとてもきれいです。
a0194402_922947.jpg


しばらく見て、温泉に入り食事もして、宿舎を後にしました。

途中で展望の良いところがあり、しばし最後の見納めをして高原を下りました。
a0194402_923784.jpg


竹田の道の駅でいろいろ物色したりしましたが、帰りのフェリー乗り場のある、臼杵にはあっという間に到着しました。

臼杵は古い城下町で、石が沢山出るようですね。国宝の石仏があって、有名です。

お昼には少し早かったのですが、臼杵のフェリー乗り場の近くに海鮮食堂を見つけました。
その隣はなんと魚市場です。

うふふ。先だって私は大分に仕事で行きました。
帰りに空港でお寿司を食べました。

臼杵港の向かいは佐賀関ですよ。

絶対ここにあの関サバと関アジがあるに違いない、とにらみました。

ありましたね〜。そのお店の中には中央に大きな生け簀があり、サバとアジがスイスイ泳いでいました。(アワビも、サザエもヒオウギガイも牡蠣もいろいろいました。)
a0194402_924129.jpg
a0194402_9242127.jpg
a0194402_9242699.jpg

                        アワビ

a0194402_9243013.jpg

                        ヒオウギガイ




もちろん、買わなくちゃ!です。

お高いので、1匹づつにしました。

こんな時、車は便利です。氷を沢山入れ、常備している発泡スチロールの箱に密閉しました。

その日の晩ご飯。
a0194402_9281846.jpg
a0194402_9283050.jpg
a0194402_9283739.jpg
a0194402_9284622.jpg
a0194402_928575.jpg






姉と罰が当たるかも!と言いながら完食。

あ〜。極楽極楽!!!   行って良かった!!




a0194402_930760.jpg

              お留守番だったお嬢。






[PR]

by fran0923 | 2014-11-18 09:43 |
2014年 11月 17日

久住登山2

a0194402_11422426.jpg

昔、年配の絵描きさんと一緒にやまなみハイウエイを通り阿蘇の麓まで、スケッチ旅行をした事がありました。

その方は熊本の豊かな樹林のある風景をスケッチしたかったようで、山の好きな私は車を止めて山を描くということがあまり出来ませんでした。

季節は春でした。阿蘇の野焼きが終わり、黒々とした大地の上にそこかしこにワラビが出、
阿蘇の黄スミレが咲きそれはのどかで又広々とした気持ちのよい風景でした。

山は下の方から見上げて描くのと、登って上の方から周りを見るのとでは全然違うのですが、今回改めて登ってみて良かったと思いました。

季節的にはもう少し早いと良かったかな、とは思いましたが、これはこれで思いがけず幻想的な樹氷を見ることが出来て幸運だったといえるでしょう。
a0194402_11362815.jpg
a0194402_11354363.jpg
私は危険な冬山はなるべくしたくないので、今回は予定外でした。

また暖かい時期にぜひリベンジしたいと思っています。

下山して、まだ早かったのですが、今夜の宿である久住高原荘という国民宿舎を目指しました。

実はそのそばにも登山口があったのですが、そこは急登で時間もかかります。

やはり、牧の戸峠から登って正解だったと思います。

峠からクネクネ坂を下り、広大な南側の高原をどんどん行くと国民宿舎に到着しました。

そこは凄いところで、後ろに先ほど苦労して登って来た久住連山を従え、前は阿蘇の涅槃を一望に見ることが出来るという素晴らしい景色の場所でした。
a0194402_11341386.jpg
時間が早かったので、少しドライブしたのですが、その頃には天候も完全に回復し、夕焼けの久住連山が素晴らしい大きさで迫って来ていました。

あまりの迫力でしたので、思わず夕日が沈むまで見ていました。
a0194402_11343165.jpg
麓から見る分には、あの寒い寒い氷点下の樹氷が山頂を覆っているなんてきっと夢にも思わないでしょう。(ま、冠雪しているのはわかりますが)

チェックインしてすぐ温泉に入り体を温めましたが、冷えきっていたようでずいぶん時間がかかりました。

しかしいいお湯でした。いつまでも入っていたかったです。


お食事は馬肉のたたきと肥後牛のすき焼きがメインでした。
久住ワインを一本頼み姉と二人で美味しく頂きました。
a0194402_11371107.jpg
a0194402_11371501.jpg
a0194402_11372227.jpg
a0194402_11372808.jpg
a0194402_11373321.jpg
残ったのは持ち帰れますのでね。翌日も頂きました。笑

続く

業務連絡です。
tomomatoさん。よろしかったらご連絡いただけないでしょうか?





[PR]

by fran0923 | 2014-11-17 11:44 |
2014年 11月 16日

久住登山

a0194402_20113094.jpg



九州から帰って来ました。

登山に興味のない方にはおもしろくないかもしれませんが、記録の意味でも認めたいと思います。

13日の深夜八幡浜から宇和島運輸のフェリーで別府へ行き、高速を走って久住連山を目指しました。

しかし早朝すぎて真っ暗です。

それに天気が良くありません。

前々から計画をし、宿も予約してありますし、いろいろと予定もあるので、この日以外は動けなかったので仕方ありません。

高速に乗るとすぐ由布岳らしき物の影が見えて来ました。が、天気が悪いです。
上空は雲でよく見えません。

この状況は午後までずっと続きました。

カーナビで指示されるがまま、九重ランプで出たのですが、心づもりではやまなみハイウエイを行く事になっていました。

しかし天気が悪いです。きっとやまなみに行っても何も見えなかったでしょう。
a0194402_2092165.jpg

   つり橋がありました。

で、九重ランプを降りて凄い渓谷沿いのくねくね道を通り、筋湯温泉を通り過ぎ、どこをどうやって行ったのかわからないまま、それでも久住山の登山口の一つ「長者が原」に到着しました。

駐車場は凄い数の登山者で一杯です。
私の予定では、そこではなくもっと南の方の大曲(おおまがり)か牧の戸口のどちらかです。

やがて大曲に到着したのですが、そこには既に2台駐車してありましたが、何度も言いますが天気が悪いです。

憎い寒波です。

雪がちらちらと降っています。しかもそこは急登で久住山のとなりの星生山(ほっしょうざん)への登山口です。

この天候では、私の目的であるスケッチが出来るような状況ではなかろう、と思われますし、

たとえ山頂まで行けたとしてもそこから下って途中から九住山へ行くにはかなり厳しいと思いました。

そこはあきらめ、最後の計画の牧の戸口からの往復にしました。

そして、少し登ってみて無理ならすぐ降りて来ようと思っていました。

登山口からしばらくは舗装道路です。そして木道の階段となり、ごろた石の登りになりました。
a0194402_2010164.jpg


その辺りから樹氷が現れ始め、それは夢のような美しいものでした。
a0194402_20101486.jpg
a0194402_20113094.jpg


a0194402_20112041.jpg
a0194402_2011516.jpg



時折降る雪や霧のような雲は全体の山容を見せてはくれませんでしたが、樹氷を見ながら、樹氷のトン

ネルをくぐりながら、いつの間にか山頂が見える場所に来ていました。

そこは尾根になっていて、星生崎という場所で、吹きっさらしです。多分零下だったと思います。

足も手も凍えそうでした。
a0194402_20225798.jpg


遠くに久住の山頂を目指して登る人の姿が見えますし、そこに行けばその向こうの素晴らしい風景があ

るのも分かっていましたが、相変わらずの寒さと、ちらつく雪、そしてほとんど山頂を覆う雲を見てい

ると、早く切り上げて麓に帰らねば、とあきらめざるを得ませんでした。

仕方ないので、風を受けない岩陰に座り、おにぎりを食べ、(それも冷え切った)スケッチをして下山しました。
a0194402_20123512.jpg

    強風で雪がエビのしっぽになっています。
後で考えると、登山の目的からすれば後30分も歩けば山頂にたどり着いたと思いますが、きっと何も

見えなかったでしょうし、下りで滑ったのではないかと思います。

面白い山でした。
a0194402_20125842.jpg


雲が切れて山頂が一瞬見えました。

下山後、山頂まで行った登山者と話しましたが、やはり何も見えなかったのと、あまりの強風と寒さで

5分と居られなかった、ということでした。


続く













[PR]

by fran0923 | 2014-11-16 20:24 |
2014年 11月 03日

大分

a0194402_1695097.jpg



11月になりましたね。
いよいよ今年も駆け足で過ぎて行きそうです。
a0194402_1610861.jpg


さて、昨日は日帰りで大分まで行ってきました。

仕事があったのですが、まあ不便な所です。

大分自体は、湯布院や別府など温泉中心の観光地が近くにありますので、大変良い所です。

私の故郷でも、神戸ー今治ー別府という瀬戸内海を航行するサンフラワー丸というのがあり、今治港に船が停泊していたのをよく見かけたものです。

しかしまあ空港と駅とが離れていて、高速バスでも1時間はかかってしまうという立地条件です。

何か美味しいものはないかと探した所、ありました、ありました。

空港内のお鮨屋さん「宙」で  関サバと関アジのおいしい握りが食べられるという!

佐賀関もそういえば大分でした。前に八幡浜の先にある佐田岬の突端から向かいに見えましたよ。

あの豊後水道の波に揉まれた関サバと関アジですよ!

朝4時前に起き、始発の航空機で大分に飛び、すべて終わったのが4時。4時20分の高速バスで空港着5時20分。

予約している便は6時20分です。

空港の3階に急いで上がり、お店に飛び込みました。

急いでいるのですが良いですか?と言うととってもいなせなイケメンのお兄さんが、どうぞ、どうぞとカウンターの椅子を勧めてくれました。

関サバと関アジ、ヒラメ、穴子を握ってもらいました。

絶品でした!!

美味しいわかめのお吸い物も出ました。

サバは最後の一切れでした。

アジをもう一貫、というのがはばかられ、ヒラメを塩でお代わりしました。
穴子も塩で頂きましたが、最高でした。

早朝から働いたので疲れ切っていたのですが、おかげで元気になりました。





a0194402_1692858.jpg
a0194402_169512.jpg



ということで、大分では県立美術館が11月中頃竣工するということで、覆いが取れ、その全貌を見ることが出来ました。

設計は 坂茂 さんです。

ガラス張りの建物でした。この後、植栽など外構工事が終わればこの周辺はがらっと変ってしまうことでしょう。
お向かいに「いいちこ」の名のついたいわば文化会館があり、そこで面白い展覧会をしていました。
a0194402_16102425.jpg


「トイレンナーレ」トリエンナーレではありませんよ。
a0194402_16102425.jpg


段ボールのトイレが沢山並んでいました。
a0194402_16111278.jpg
a0194402_1611336.jpg



すべて小学生の作品です。
紙粘土や絵具や貝殻などを使って楽しいトイレが沢山!
a0194402_16104834.jpg




a0194402_1610861.jpg



















[PR]

by fran0923 | 2014-11-03 16:24 |
2014年 10月 04日

ダリア

a0194402_2110760.jpg



今日は台風が来る前にと、町田ダリア園に行ってきました。
a0194402_21101173.jpg


調べると関東に何カ所かあるのですが、もう一カ所は両神ダリア園という秩父の方で、遠いです。

私の好きな両神山の麓です。ほぼ登山という感じになるので、町田にしました。

地下鉄が乗り入れているので、一本です。
a0194402_2110348.jpg


9時半に出発、町田に1時間15分ほどで到着。そこからバスです。

バスがね〜、あんまり乗ったことがありませんからね、スイカを使うのにどこにタッチすれば良いのか解りません。が、なんとかなりました。

実は目的のバス停には一度乗り換えないと行けませんでした。あ、間違って乗ってしまったみたい。

最初のバスの終点まで行き、そこで乗り換えて2駅でした。
そこからは看板があり、道順が書いてあったので、迷わずたどり着けました。

大勢の人が高そうなカメラで写真を撮っていました。

花はほぼ満開でした。

すばらしかったです。
a0194402_219335.jpg


菊のようなダリアや、バラのようなダリアがありました。
a0194402_2192674.jpg


ダリアって大きいのですよね。花びらが太陽の光を受けて、逆光になると透けて見えるのですが、不思議な感触でとてもきれいでした。

a0194402_2191837.jpg


というのも、昨年亡くなった友人がダリアの絵をずっと描いていたのですが、不思議な逆光の作品だったので、一度本物を見てみたかったのです。
a0194402_2193138.jpg

a0194402_21103243.jpg



a0194402_2185610.jpg

a0194402_2184862.jpg


プチ旅行の1日でした。









[PR]

by fran0923 | 2014-10-04 21:18 |
2013年 12月 20日

旅の友

a0194402_1533497.jpg




雪ではなく雨ですが、一日降っています。

寒いです。

散歩も最短距離しか歩かないので、万歩計の数字も貧弱なものです。

さて、外に出ないので写真が撮れません。

それとは何も関係ないのですが、昔のスケッチブックをパラパラと開いてみました。

どうしても作品の数が2枚ほど足りないので、急遽なんとかせねばなりません。

雑用が増えて来ているので、集中力に欠けているこの頃ですが、仕方ありません。

ずっと長い間、私自身の趣味と実益を兼ねて来ていた(多少の語弊はお許し下さい)山登りでは、大

きなものは持てませんが(とにかく途中で何もかもかなぐり捨てたくなるほど、しんどいので。)小

さなスケッチブックを持って行きます。鉛筆も挟めるものなので、とても便利です。

a0194402_15213321.jpg


秘かに「旅の友」と呼んでいます。
柿の種ではありませんよ。

どんな時にもメモ帳代わりに持っていますので、スケッチだけではなく、その時気づいたことも書き込めますし、友人の電話番号も手帳のように書き留めることが出来るのです。

ということで、めくっておりましたら、こんなものも挟んでありました。

押花です。

a0194402_15234378.jpga0194402_1522283.jpga0194402_15215964.jpga0194402_1521576.jpg





山でとっていいのは写真だけ、なのですが、一輪づつ、スケッチブックにはさんで押してありました。
変色していますが、こういうものを見ると鮮やかに思い出します。

また山に登りたくなりました。
a0194402_1521377.jpg


これはほんの一部です。
我ながらよく行ったなあ、と思います。






先日、クリスマスが近いので、鳥の丸焼きかなにかしようと思ってひな鳥を1羽買ってありました。なんとかしないと、と思うのですが、オーブンの温度計が壊れているので、自信がありません。

そこで、自己流サムゲタンを作ることにしました。
a0194402_15214899.jpg



うまくできるかな?
ネギも入れましたよ。勿論。



a0194402_1529340.jpg


いい匂いがするので、クンクンやってます。





[PR]

by fran0923 | 2013-12-20 15:38 |
2013年 10月 04日

京都・奈良

a0194402_1110633.jpg



今日は寒いです。

あんなに暑かった夏もどこへやら。本当に人は勝手なものですね〜!
もう少ししたら、寒い寒いと騒ぐのでしょう。

さて、忙しくしておりました。

松山の次は京都で仕事があり、日帰りでも良かったのですが、そちらはちょっと奈良にも行きたいということで、1泊して来ました。

奈良では犬友さんたちと楽しい酒宴を繰り広げたのですが、せっかくの温泉付き超格安ホテルに泊まったにもかかわらず、入らず寝てしまった!という私です。

奈良の皆さんお世話になりました!!




京都では某大学でお話をして来ました。

美術大学の染色を教えるところだったのですが、教室がだだっ広くて写真を撮らせて頂いたのに、思わず手が震えて全部ピンぼけだった、という悲しい結末でした。
a0194402_1195527.jpg

唯一この部分だけが写ってました。(許可を得ています。)

1年から4年まで同じ教室で作業をする(課題をやる)という画期的なシステムでした。
つまり、仕切りがないのです。
同時に違う課題制作をしているので、先生も複数居て指導しているという状態です。

広いので話し声が邪魔になるということもなく、1,2年生は3、4年の制作を見ることが出来るので、とても良い刺激になるのですと、、、。

美術の実技って結局マンツーマンですから、このシチュエーションって案外理想的かも!なんて思いました。




ということで、夕方奈良へ。
犬友と飲み会です。笑
なぜ犬の話をするとすぐ親密になれるのか解らないのですが、何時間話しても終わらないんですよね。みんな、どんな不出来な犬でも自分ちの子がかわいいのですよ!

ついに終電が無くなりそうなので終わった!っていう感じでした。

奈良の地酒頂きましたよ。写真がありません。撮るの忘れてました。涙

春鹿の超辛口を冷やで。美味しかったです〜!
日本酒最近飲んでないので、す〜っかり出来上がりました。

実は温泉付きのホテルだったのですが、翌朝入りました。

おかげで肩凝り治りました。やっぱり2回入りたかったです。涙




a0194402_1192899.jpg


翌日は興福寺の宝物館で阿修羅像を観ました。
実に美しかったです。あれが作られたの700年代ですよ。
仏教伝来のちょっと後ですから、、、。驚きです。

たとえば、東博で興福寺展などやると、すごい人、人、人なのに、奈良ではあるべき場所に置かれていてしっくり馴染んでいますし、とにかく誰もいませんでした。ほぼ私の独占状態です。幸せ〜!!

この時期、せっかく京都奈良へ行くのだから京都国立博物館、奈良国立博物館他観たいと思って調べたら、本当に悲しいことに東京芸大に貸し出してあったり、展示替えのために休館中だったり、でついていません。

ま、あまり沢山観てもなんなので、京都で友人と落合い、お昼を頂きました。

一番安いのをメニューから選びましたが、美味しかったです。

このメニューパクろうと思います。ふふふ。
a0194402_119469.jpg

つき出し  柿とホタテの酢の物

a0194402_1195694.jpg

椀もの   レンコン団子の飛龍頭と鴨のあんかけ

a0194402_1195714.jpg

ごはん   はもの味噌焼きのせ茶漬け

a0194402_1110533.jpg

デザート  柿餡入り薄焼きせんべい






うちの犬初めて1泊のお留守番だったのですが、ずう〜っと大の方を我慢してたらしく、せっかくお嫁ちゃんが泊まってくれたのに、ハウスから出て来なかったそうです。

勿論私が帰宅後散歩させたら、大量に出しましたよ!

でもご飯はがっつり食べたそうで、苦しかっただろうな。と思うのですが、大丈夫なんでしょうかね。

[PR]

by fran0923 | 2013-10-04 11:33 |
2013年 07月 14日

蔵王温泉

a0194402_163213.jpg

    たぶん、ウドの花、もしくはシシウドの花。ピントがどこにも合ってない。

暑いです!!

今、雷とともに大粒の夕立が降ってきました。

これで少しは凌げるのでしょうか。



さて、金、土と姉と一緒に蔵王温泉へ行って参りましたよ〜!

勿論犬も一緒です。

犬連れで宿泊出来るところを捜しました。

2軒あったのですが、日程がうまく合ったのが、蔵王大平ホテルです。

ここはお部屋で一緒に寝ることが出来ます。
お食事も一緒に連れて行けます。

設備は良く整っています。
冬のスキーシーズンにワンちゃん連れで来る宿泊客へのサービスとして、スキーをしている間預かる広いお部屋も用意されていました。

勿論冬以外も預かってもらえます。

その上温泉ホテルですから、ペット用の温泉も入れます。

それに、どの入り口にも足拭き用の濡れタオルが用意されていました。

こういうところに宿泊するのは初めてだったので、はたしてうちの犬が大人しくしていてくれるか、心配でした。

結果。
花丸。

・:*:・゚★,。・:*:・゚☆ very d(*⌒▽⌒*)b good 。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆  

でした!!!

見直しましたよ〜!
ま、犬的にはストレス一杯だったとは思いますが、ちゃんとお部屋でもいい子でしたし、お食事中も足元に伏せをして、ずっと待っていることができました。


a0194402_16331760.jpg

a0194402_16311857.jpg


食事中、他のワンちゃんもいたのですが、小型犬ばかりで、それぞれ大人しくバスケットに入っていますし、他所のワンちゃんに興味を示して寄って行くこともありませんでした。

親ばかです。フラン超いい子でした!!

ここはドッグランもあり、(なぜか隣にポニーが2頭いましたけど、、、。ナツコイ馬でした。汗)夕方到着後ボール投げをして運動不足解消。
a0194402_16304245.jpg


翌朝は近くのスキー場まで散歩。草原貸し切りでボール投げ。
a0194402_16312369.jpg
a0194402_16311570.jpg



何と言っても、温度が24〜25度しかありませんから、快適でしたよ!!

今朝のいつもの公園じゃあ、もうバテバテで、帰りはノロノロ付いて来るだけ、という感じでした。


そうそう。温泉でした。忘れるところでした。

貸し切り露天風呂って言うのがサービスで付いているのですが、それがとてもよかったです。
a0194402_16305067.jpg

向かって左端にある木の樋から源泉が流れてきます。

もう少しぬるいとさらにベストでしたが、、、、。(実は貸し切りではない、普通の温泉があったのですが、そこの露天風呂がぬるくて最高!でしたっ。)

お湯で顔を洗ったとたんスルスルに。w( ̄o ̄)w オオー!

皆様!!磨き上げて帰って参りましたよ!!うふふ。





実はもう一つ目的がありました。

それは山のスケッチです。

蔵王のお釜を見がてら、山歩きが出来たら、と思ったのですが、残念。

東北地方に梅雨前線が居座っていて、下界は晴れているのですが、ある標高まで行くとにわかにかき曇り、濃霧になってしまうのです。
2日ともそうでした。
a0194402_16313391.jpg


5メートル先が見えないのです。
運転が怖いのなんのってありませんでした。

ま、又出直すしかありませんね。


次は秋ですかね。(混みそう!)

なので、遠くが見えないので足元ばかり観察してきました。

でも強風でせっかくの写真がブレブレです。

カメラはじっとしているのですが、花が風で揺れて、、、、、。
a0194402_16304380.jpg

      ↑こんな感じですぐそばに咲いています。
a0194402_16303096.jpg

      ↑サワヒヨドリ
a0194402_163312.jpg

      ↑トリアシショウマ
a0194402_1782795.jpg

      ↑オヤマボクチ
a0194402_16314078.jpg
a0194402_16314889.jpg

 コマクサがかわいいのなんのって、、、、上の写真の緑青色が点々とありますが、全部コマクサです。















[PR]

by fran0923 | 2013-07-14 17:12 |
2013年 02月 07日

七五三ヶ浦


a0194402_1756162.jpg


ようやく元気になり、姉や友人と蛸飯を食べに行きました。

それは美味しかったのですが、まだ思いっきり飲んだり食べたりは出来ない感じです。

せっかく魚介の美味しいところにいますのに。涙

高校の恩師の奥様が入院しておられるので、お見舞いに行きました。

もうご高齢なので私の母のことを考えると人ごとではありません。

病院へ行く前に、波方(なみかた)というところにある七五三ヶ浦(しめがうら)をドライブしました。
a0194402_17534116.jpg


三崎がかなり突き出しているので、向かいの島とくっつきそうなほど近いのです。でも今日は天候が今ひとつだったのが残念。

途中の道路脇にレモンと仏手柑を見つけました。
おもしろ〜い!!
a0194402_17492429.jpga0194402_17492944.jpg


木に成ってるのを見たのは初めてです。
どうやって食べるのでしょう?



























もうこれで行き止まり、と言うところで車を止め後は海岸まで歩きました。
a0194402_17491147.jpga0194402_17491756.jpg


海からの風が強く、しっかりと足元を見ないと、転びそうでした。
a0194402_17495255.jpga0194402_17495696.jpga0194402_17501016.jpga0194402_17513963.jpg























砂がきれいで、子供の頃よく海岸で遊んだこと思い出しました。














a0194402_17493923.jpg



a0194402_1749458.jpg


高縄半島の一番北にある岬ですが、こんなほこらが次々と、、、。

[PR]

by fran0923 | 2013-02-07 18:12 |
2011年 09月 03日

九州

先日行った都城でのこと。
a0194402_9193724.jpg


まず、松山空港から鹿児島空港へ。
ロビーには昨年も迎えに来てくれた女性が今回も来て下さっていた。

私より少し年上の、とても気持ちのよいキュートな方です。
大きな団体展の審査員をしているような方ですが、とても気さくでかわいい人なので、なんだか気が合うと言うか、会うなり話に夢中になってしまいました。
それが原因だったのでしょうか?

いつまでたっても、都城に着きません。
その方も、「変ねえ!来るときはトンネルなんて無かったのに、こんなに通るなんて・・・。」と言っています。
a0194402_9194463.jpg


標識はまず「熊本県人吉」いくつか知らない地名があり、遂に「八代」となってしまいました。

私たち、熊本に行こうとしてたんです!
結局5時15分に空港を出て、都城には9時に着きました。

でも景色がよく、深い山の中を高速道路が伸びて、なんだか九州一周したような気分でした。
翌日は朝から仕事が始まり、午後4時ようやく終了。

6時から懇親会でした。
そこに出る食事が面白いです。
写真が無いのが残念なのですが、海が無いので、魚はほぼ出ません。
ひとつだけ、鰹のたたき、がありました。

今年は肉出ました。おほほ。
鶏の刺身、牛焼き肉、なぜか、うなぎの蒲焼きが、唐突にそのまま出ています。(切れ目が入っているのですが)これは、鹿児島はウナギの養殖が盛んなのだそうですが、だからって、こういう出し方ないでしょ!って感じです。

そこに、巻ずし、冷やし中華、焼きそば、ですかね。
あまり記憶が無いのですが、とにかくばらばら。でした。

夜二次会に行った先がもっとおかしくて、お酒は霧島黒ラベル一升瓶。つまみが甘ーい卵焼き、です。
ほかはおにぎりと梅干ししかありません。

で、外国語のような都城弁(みやこんじょというらしい)を聞きながらちびりちびりとやってました。笑
a0194402_9203086.jpg


ホテルの近所に高級果物店兼パーラーがあり、そこで甘いものを頂いたのですが、量たるやものすごくて、すべて、器からはみ出しそうに多いのです。
「しろくま」というかき氷があり、それはちょっと見物でした。
直径40センチくらいの大きさのかき氷です。

さすが一人では食べきれず、2、3人でやっつけるそうです。
世間のことが解らないのですが、ちまたで流行ってるのかしら?
私はフルーツクレープと言うのを食べて来ました。
a0194402_9203827.jpg

a0194402_9213943.jpg


帰りに鹿児島市内の障害者授産施設「菖蒲園」を見学しました。
建物はイギリスのデザイナーが設計したもので、とてもお洒落なエリアとなっています。
a0194402_9212014.jpg

a0194402_9205521.jpg
こちらはおそば屋さんのテーブルと椅子

陶芸、染色、織り、紙漉き、刺繍、木工、とすばらしい作業場と作品展示場があり、外来のお客様へと、お蕎麦の店とコーヒーやスパゲティなどの山小屋風の素敵なレストランがありました。

我々は蕎麦定食を食べたのですが、それが美味しいのなんのって、ほんとにビックリしました。
もっともっと大勢の人に知られてもいいんじゃないかと思うほど美味しかったです。
a0194402_922060.jpg
a0194402_9214518.jpg
世界中の障害者が作った作品の作品集。手に取っても、また同じ場所に戻せるよう、表紙と同じものがテーブルに貼り付けてありました。


そこで使われているテーブルや椅子、器もすべてがこの施設で作られたものでした。
空港へは少し早めに到着したので、展望台から桜島をスケッチして来ました。

[PR]

by fran0923 | 2011-09-03 09:35 |