好きなものに囲まれて。

ttyfran.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 31日

天ぷらはおいしい

a0194402_21425714.jpg


今日はサリーには内緒で、お昼に天ぷらを食べに行きました。

いつも古文書を一緒にやっている人が、お世話になっているのでごちそうしたいと言います。
私としては、こちらの方がお世話になっていると思うのですが、そんなにおっしゃるなら、と、すっかりご馳走になって来ました。

場所は後楽園にある東京ドームホテル内「たん熊」です。

「たん熊」ってスッポン料理じゃなかったっけ??

深く考えないようにしたいと思います。

京都風なので、さっぱりとしてなかなか美味しかったです。

お昼ですので、軽めですがちょうど良くて、最後のご飯を私は天茶付けにしました。

お茶漬けのお茶は京都のどこやらの昆布茶だそうでとても美味しかったです。
a0194402_2143050.jpg


写真は紫芋ですが、あまりに色がきれいだったので、思わず写真を撮らせてもらいました。

丁度正面はガラス張りで、後楽園の観覧車やジェットコースターが見え、夜はさぞきれいだろうと思うような所でした。

サリーはなんだか、一日中パソコンとにらめっこして、何かずっとやってましたが、結局今日は移動出来なくなり、もう一日居ることになりました。

ちゃんと国に帰れるのかしら。

心配です。

a0194402_2143392.jpg

[PR]

by fran0923 | 2011-10-31 21:55 | 生活
2011年 10月 30日

久しぶりになにも無い日曜日

a0194402_18285537.jpg


このところ毎週日曜日が塞がっていました。

今日はなにも無かったので、朝からゆっくりと上野公園を散歩しました。

豆柴の花ちゃんと一緒に、ずうっと歩いたので、結構いい運動になりました。

明日はもうサリーは出発する日なので、今夜が最後の夕食です。

何にするか考えましたが、最近忙しかったので、たいしたことは出来ませんが、手作りの料理でもてなしましょう。

夕方から予報通り雨になりました。

こうやって少しづつ冬に向かって行くのだなあ、となんだか久しぶりにのんびりした休日を過ごしています。
a0194402_18285627.jpg


が、作家としてやらなければいけないことは沢山ありますし、それは自分で決め、自分でしなければいけないので、結果として時間がなかった、とか疲れた、とか気分が乗らない、とかいうのは言い訳にしかならないのでつらい所です。

夕方の散歩のついでにユリの花を買いました。
なんだか、気持ちに余裕が無く花を愛でる気分もないこの頃でした。

フランはそんな私が長椅子にだらしなく横になると、そばに飛び乗り、すごい力で身体を押し付けて来ます。サリーにとられたと思っているのかも知れません。笑

22キロの身体が重い。
a0194402_1828491.jpg
まだまだ咲く気満々のエンゼルトランペットです。


[PR]

by fran0923 | 2011-10-30 18:31 | 生活
2011年 10月 28日

フランの恋人

a0194402_12301926.jpg



今朝はフランの恋人に会えました。

滅多に会えないのですが、運動場に行くとしばらくして現れました。

ハチ君です。この写真に半分写っているフランはハチ君のお父さんに喜んでおなかをなでてもらっています。
a0194402_12302569.jpg


フランは大喜びでぐるぐる周りを走り回って、一人すごい運動量です。
a0194402_12314733.jpg
a0194402_12313416.jpg



ハチ君はじっと突っ立ち、ときどきおしっこを3カ所ほどに引っ掛けてさっさと立ち去っていきました。
別にフランのことはどうでも良かったみたいです。

サリーは10時頃起きてきました。
昨夜は朝の5時まで起きていたのだそうで、そういえば昨日の夜、8時頃帰宅してあまりに静かなのでまだ帰っていないのかと思っていたら、部屋から寝ぼけ顔で出てきました。

夕方眠いのでベッドに入ったら眠ってしまったそうです。
今後すべてが逆になるのでしょうか。

心配です。

[PR]

by fran0923 | 2011-10-28 12:41 |
2011年 10月 27日

サリーの料理

a0194402_1674762.jpg


サリーはとっても優しい女性です。

後から一人で食事をする時も、必ず私に「食事終わったの?まだだったら一緒にどう?」などと聞いてくれます。
私が食べずに待ってるなんてあり得ませんから、「ううん?もう食べちゃったからサリー一人で全部食べていいよ!」というと安心して食べています。

昨日は水曜日でした。いつも遅くなる日ですのでその旨伝えると、「じゃあ私が夕食作るよ」といって作ってくれました。

なすとトマトとしょうがのパスタ。
a0194402_1673691.jpg


人参とカリフラワーのサラダ。
a0194402_1673255.jpg


それに私が鶏もも肉のにんにく入りソテー。を足しました。
a0194402_1674033.jpg


パスタは絶対私だったら作らない味です。
だいいち、パスタにしょうがなんて入れるはずがありません。

と、半信半疑で一口食べたのですが、それがと〜ってもおいしいのです。
これは意外でした。

見直しました!!サリー!!すごいよ!!

人参サラダも、これはすりおろして、塩、レモン、オリーブオイル(多分)をかけてあります。
その上にカリフラワーをのせてありますので、色がきれいです。

作るのにとっても時間がかかりましたが、結果オーライでした。
a0194402_1674477.jpg


褒めると照れています。かわいいです。

[PR]

by fran0923 | 2011-10-27 16:11 | 生活
2011年 10月 26日

鳥鍋

a0194402_1027114.jpg


昨日は忙しい一日でした。
まず、友人(思いっきり笑い合う人)の展覧会を見に白金まで行き、帰りに日本画の絵の具屋さんへ。
その後犬の散歩。
そして、夜は前からの約束で、湯島の鳥鍋を食べに。
a0194402_10274391.jpg


少し早く行ったので、レトロなお部屋をカメラでパチり。
a0194402_10274688.jpg


やはり人がいないと、どんな場所もなんだか寂しいです。

ここは、この小さな炉がきってあるちゃぶ台に備長炭をガンガンに熾して、鉄の鍋をかけ、トリダシのきいたスープの中で、美味しい鳥やつくねだんごを大根おろしたっぷりで頂くという、とってもシンプルかつ味の究極を行ったお料理でした。料理と言えるかどうか?
a0194402_10275530.jpg


やはり料理ですね。
ごちゃごちゃしていれば、なんとかごまかせますが、シンプルであればあるほど、その素材や、出しがものをいいますもんね。

ギクッ!!
何かと同じです。

皆さん深く考えないようにね。

美味しかったです。とても。他にはわさび漬けが少々、ご飯がこれまた最高に美味しく炊けていました。
大汗かきましたダ。

極めるって・・・・。

[PR]

by fran0923 | 2011-10-26 10:30 | 生活
2011年 10月 24日

久しぶりに・・・

a0194402_11473296.jpg


先日から、我が家に10日間ほど泊まりに来ている人がいます。

アメリカ人のサリーです。

知り合って6、7年?いえもっとのような気がします。

我が家の近所にダンススタディオがあるのですが、そこにいつも泊まっていたチャーミングな女性です。

有名なニューヨークのモダンダンスカンパニーで踊っていたので、それは身体がきれいです。って裸を見たわけではありませんが。
(ほれ、例のブラッドピット出演の「ベンジャミン・バトン  数奇な人生」に主演していたケイト・ブランシェットもいたという、マーサ・グラハムのダンスカンパニーに所属していたらしい)

多分体重は私と同じくらいで、すべてが半分くらいに細くて背が高いのです。

指が本当に倍くらいに長いです。
a0194402_11473531.jpg
これよりもっと目が大きくてかわいい人です。

始めの頃は英語でしゃべっていましたが、毎年何ヶ月も滞在するので、だんだん日本語がうまくなり、今では日常会話はなにも不自由しないほどになりました。

おかげで私もいちいち下手な英語を駆使する必要も無くなり、楽です。
で、日本が大好きで、2、3年前にはニューヨークからお父さんと一緒に来たこともありました。
毎年佐賀で、ダンスのワークショップの講師をしているのでその前後は東京にいます。
昨年も来たのですが、大きな荷物を置いて帰りました。

また今回も大きなスーツケースを持って来ています。
が、まさかおいて行かないでしょうね。
a0194402_11473013.jpg


心配です。

[PR]

by fran0923 | 2011-10-24 12:17 | 生活
2011年 10月 23日

結婚式

a0194402_1734239.jpg


って、私のではありません。(知ってますよね、一応独身なので・・・・)
a0194402_1735365.jpg


職場の同僚のです。

池袋の自由学園明日館でありました。
a0194402_17345651.jpg
a0194402_17345897.jpg



そこは大正10年にフランク・ロイドというとても有名な建築家が設計した建物で、元は自由学園の学生食堂だったそうです。
重要文化財に指定されている大変貴重な建築物です。

さて、朝10時半ということで、

とっても早起きをし、散歩した後、着物を着て美容院へ行き、大急ぎでタクシーに乗りました。

我が家とそこはまずまず近いので、なんとかうまく行くかと思っていたのですが、自由学園を知らない運転手さんばかりで、(3台目でも知らなかったけど、良さそうな人だったので乗りました。)

と〜っても不安な中、なんとか無事に到着。
池袋の雑然とした街の外れにありました。
芝生のお庭が、とても素敵な所でした。
a0194402_1738375.jpg


a0194402_17361528.jpg

a0194402_17361749.jpg

椅子やテーブルも当時の生徒が使ったものを置いてあるそうです。

[PR]

by fran0923 | 2011-10-23 17:40 | 生活
2011年 10月 20日

ちょっと世界のてっぺんまで

a0194402_10112799.jpg


先日家の近所のコンテンポラリーのギャラリーに行って来ました。

そこはお風呂屋さんを改造してギャラリーになっている所ですが、超現代美術をやっています。
今回は現代美術ではなく、写真の展覧会でした。

そのギャラリーの家主さんから銭湯を廃業し、好きな美術関係の所に貸したい、と相談を受けたことがあります。

その後、少しずつ改造を重ねて今のようなスッキリとした天井の高い、でも元の銭湯だった名残を多く残す素敵な空間になりました。

ギャラリーになる直前、まだカランもお風呂も下駄箱も残るところで、それは面白い演劇を観ました。

石橋蓮司と緑魔子が出演するもので、水がジャージャー出る超おかしい物語でした。
話の内容はすっかり忘れてしまったのですが、連日超大入り満員だったことだけは覚えています。

さて、話は戻りますが、私は山登りが好きで、今はもう出来ませんが、ネパールまでアンナプルナ・ダウラギリトレッキングというのに行ったことがあります。
前に少し写真をご紹介しましたね。

もし行けたら、今度はエヴェレストを見ることが出来る場所へ行きたいと思っていました。
でももう無理だと思っていますが、そのエヴェレストへ登って、すばらしい写真を撮って来た若者の展覧会です。

やはり高所順応が優れているな、と思いました。(それだけかい!!)

私は3000メートルでも、頭痛がしますから。
で、その顛末を書いた写真入り紀行文を買い込み今読んでいます。
面白いです!!

現地のシェルパの人たちって、5000メートルもの高地で生まれ育っているので、8000メートルのエヴェレストなんて、ヘッチャラなんですよね。

アンナプルナの朝焼けを懐かしく思い出しているこの頃です。
a0194402_10113553.jpg
a0194402_10114147.jpg



昨日のお弁当。うまく撮れていると思いません?レンコンとか・・・。
出かける時、階段の上から見送るフラン。

[PR]

by fran0923 | 2011-10-20 10:38 | 展覧会
2011年 10月 18日

コミック

a0194402_10324894.jpg



世の中にこんなにコミックが流行るなんて、私の若い頃には想像もしませんでした。

今、どこの書店へ行ってもコミックコーナーがあり、広い面積を占めています。
最近は結構な年配のおじさまも、電車の中で読んでいる時があり、ふっと肩の力が抜けたりします。

私は、姉には、高校の頃には漫画ばかり読んでいた、と言われます。
文芸書も読んでいたと思うのですが、確かに漫画は面白いし、読みやすいです。

結婚して面白かったのは、夫がサザエさんの単行本をほぼセットで持っていて、何度も何度も読んでは笑っていることでした。

サザエさんですよ〜!!
a0194402_10325123.jpg
a0194402_10325458.jpg



で、私的には、男子がサザエさんなんてあり得ませんから、すご〜く意外でした。
でもサザエさんのほのぼのとした面白さにはまって、まだ何冊かは残っています。

あとは、「ブラックジャック」でしょうか。

その後、息子が成長するにつけ、少年なにがしというコミック誌を何冊も買って来るようになり、虜になりました。
ついに私のお金で買うようになり、はまったのが「ジョジョの奇妙な冒険」です。

最初はなじみにくかったのですが、すぐ慣れました。
それぞれのキャラクターが持つシークレットパワーというか、必殺技?他に良い表現がありません。

それがなんとも言えず、魅力でした。
結局何年も読み続け、単行本が出るたびに買い、何度も読み返しその世界にはまっていました。

多分息子より詳しかったかも知れません。
あれは何なのでしょうね?

そのうち、難しい本もコミックにすれば若者も読むだろうと、多くの本がコミックになっていますが、若者だけじゃなく私たちのようなシニアにも楽しめると思うこの頃・・・・・。

でも活字がずらりと並んでる分厚い本も捨てがたいし・・・・・。

[PR]

by fran0923 | 2011-10-18 10:55 | 生活
2011年 10月 16日

ライトモンスター  その後

a0194402_18431928.jpg


先日「恐竜展」というタイトルで、書いたことがありました。

お詫びをして訂正したいと思います。m(_ _"m)ペコリ
a0194402_18432365.jpg


本当に「ライト・モンスター」というタイトルの壁画でした。

あの看板は、その角の家でやっているという案内板だったのでした。
a0194402_18432522.jpg

a0194402_18431677.jpg
          ご自由に上に上がって観て来ました。

実は今私の住む街では「芸工展」という催しをやっています。

谷中は芸術の街だということで、秋になると手仕事、美術、工芸などの作品をそれぞれ作者が作者の家を開放して展示をするという、全くゆるゆるの住民中心のイベントをしているのです。

そのイベントに参加している作家の作品展でした。
ちゃんと正式に参加してるので、芸工展No65という場所なのだそうです。

で、今日ようやく訪ねて来ました。(取材しました。作者の許可を取ってあります。)

作者は大分出身の 榎園 歩希(えのきぞのあゆき)さんという素敵なお名前の、うら若い女性でした。

細長いお庭に面した戸を開けると、長い塀があるのですが、この家がもう取り壊されるということを聞き、その塀に壁画を描いたというわけです。

この街には「夕焼けだんだん」という西に向かって降りて行く階段があり、夕陽がそれは美しいのです。その夕陽を描いたものでした。

モンスターの意味が一目瞭然ですね。ふふ。(わからない方はメール下さい。)
a0194402_18433047.jpg


太陽の横にあるグルグルしたのが、とてもきれいでかわいかったです。

[PR]

by fran0923 | 2011-10-16 18:52 | 展覧会